マーキング

サンコーのマーキングの特徴をご紹介します。

プラスチックコンテナ・パレットに鮮明で美しいマーキングが可能です。マーキングには、企業及び製品のPR・内容物の種別・コンテナ等の紛失防止等の効果があり、弊社の販売しているコンテナ・パレットの約7割は、お客様の要望によりマーキングを行っています。コンテナへのマーキングの方法としては、以下の4通りの方法があります。

シリーズの特長

マーキング方法

レーザー連番印刷

レーザー照射により印刷を行う方法です。
印字はデータ入力で行いますので印刷版を作る納期もコストも不要です。
また、インクも必要としないので、環境に配慮した印刷技術と言えます。

ホットスタンプ

ホットスタンプは、加熱した金属製の刻印型で、ホットスタンプ箔の着色塗膜をコンテナの表面に加圧溶着させる印刷方法です。
この方法は非常に簡単な操作で密着性の良い印刷が得られます。

スクリーン印刷

スクリーン印刷は、原理的にはガリ版と同じ方法であり、写真製版でスクリーンを作り、特殊インク印刷します。広い印刷場と前処理を必要としますが、複雑な模様も鮮明に印刷できます。
弊社では、ビールクレート・ボトルクレートのような中仕切りのあるものやタルの曲面など、ホットスタンプでの印刷ができない製品にこの方法を採用しています。

ご相談・お見積り

製品購入をご検討のお客様もご相談いただけます。