発泡素材コンテナ

エペランという発泡PPもしくは発泡PEを用いた製品です。軽くしなやかで割れや欠けが発生しにくい素材です。

見た目は発泡スチロール。しかし実際は発泡のポリプロピレン、もしくはポリエチレンを使用した製品(エペラン)です。発泡スチロールと比較して欠けが発生しにくく、しなやかで曲げても割れにくい素材です。

サンコーの発泡素材コンテナの特徴をご紹介します。

エペランには4種類の材質があります。

エペランPP

発泡ポリプロピレン。発泡ポリエチレンに比べて特に耐熱性に優れています。

エペランEC

エペランPPの特長をそのままに導電性能を加えた製品です。電子部品、精密機器の緩衝材やロボットラインのパーツトレーなど導電性能を要求される幅広い分野で活躍します。

エペランXL

発泡ポリエチレン。ソフトでしなやか。耐薬品性にも優れ、繰り返しの使用に最適です。

エペランAXL(帯電防止)

エペランXLに帯電防止特性を付与した製品です。流通過程で発生する静電気を抑え、電子機器を保護します。

一般特性比較

エペランPP エペランXL 発泡PS 発泡PU
物性 機械的特性 ×
衝撃特性 × ×
耐薬品性 ×
耐候性 ×
柔軟性 やや硬い やや柔らかい 硬い 柔らかい
廃棄物処理性 焼却処理性 白煙程度 白煙程度 黒煙発生 黒煙発生
リサイクル 容易 容易 容易 困難

◎変化なし ○僅か変形 △膨潤変形 ×溶解

エペランの耐油、耐薬品性

エペランXL・エペランPPの耐油・耐薬品性(ASTM-D-543-56Tに準拠)
薬品名 エペランPP エペランXL 発泡PS
灯油 ×
機械油 ×
ガソリン ×
石油ベンジン ×
トリクロルエチレン ×
四塩化炭素 ×
エチルアルコール
30%硫酸
10%苛性ソーダ

◎変化なし ○僅か変形 △膨潤変形 ×溶解

エペランPPの保温、保冷特性

サンコーのエペランボックスは、クーラーボックス、保温ボックス、弁当保冷容器としてお使いいただけます。

保温特性
保温特性(8リットル容器)
外気温20℃、水温80℃
エペランPP 保温箱(8リットル)
内寸400×200×100mm
保温特性(22.5リットル容器)
外気温20℃、水温80℃
エペランPP 保温箱(22.5リットル)
内寸500×300×150mm

保冷特性
保温特性(8リットル容器)
外気温20℃、水温80℃
エペランPP 保温箱(8リットル)
内寸400×200×100mm
保温特性(22.5リットル容器)
外気温20℃、水温80℃
エペランPP 保温箱(22.5リットル)
内寸500×300×150mm

エペランの取扱注意

可燃性 火気厳禁
  1. 1.食品容器へのご使用に際して

    食品容器には厚生省告示20号ならびにポリオレフィン等衛生協議会自主規格に合格したタイプをご使用下さい(詳細は営業担当者にご相談下さい)。

  2. 2.輸送・保管・現場でのご使用に際して

    エペランはポリオレフィン系樹脂の発泡体で直接火気にさらすと燃焼します。輸送・保管・加工および使用にあたっては火気に十分ご注意下さい。
    エペランの予備発泡粒子、成形品は消防法に定める指定可燃物(合成樹脂類)に該当します。
    20m3以上を貯蔵・取扱う場合は市町村条令の規定に従って、貯蔵・取扱いおよび届出等を行って下さい。

  3. 3.焼却処理をする場合

    エペランの予備発泡粒子、成形品は不完全燃焼させますと、一酸化炭素が出ますので十分な空気を供給し、少量ずつ焼却して下さい。

エペランPP、エペランXL、エペランEC、エペランAXLは(株)カネカの登録商標です。

発泡素材コンテナ シリーズ紹介

製品カテゴリ一覧

ご相談・お見積り

製品購入をご検討のお客様もご相談いただけます。